SaaS型ERP「SAP S/4HANA Cloud」導入を決めた企業は、ビジネスで何を優先しているのかビジネスの迅速性をどうやって実現するか

SAPのカンファレンス「2018 SAPPHIRE NOW」のパネルディスカッションの内容から、SaaSの「SAP S/4HANA Cloud」に移行する中堅企業や大手企業の動機と期待するメリットについて詳しく紹介する。

2018年08月29日 05時00分 公開
[Christine ParizoTechTarget]

関連キーワード

SAP | ERP | SAP ERP


 2017年に開催したSAPのカンファレンス「SAPPHIRE NOW」で語られた「SAP S/4HANA Cloud」への移行に関するストーリーでは、急成長をもくろむ比較的小規模な企業が中心になっていた。だが、2018年のSAPPHIRE NOWにおける「Embark on the Journey to S/4HANA Cloud」(S/4HANA Cloudへ向かう旅の始まり)と題されたパネルディスカッションでは、数十億ドルの売り上げを誇る企業が大きく取り上げられた。アジリティーを求める大手企業にとってS/4HANA Cloudが実用的な選択肢になり得ることを証明してみせた。

 SAP S/4HANA Cloudが初めて紹介されたのは2017年2月のことだ。SAPの最新世代ERPプラットフォームのSaaS(Software as a Service)であるS/4HANA Cloudは、やや不安感をもって迎えられたと報道では伝えられた。このクラウドバージョンを選ぶ可能性が高いのは、比較的規模が小さく、急成長している企業だと見られていた。インフラコストを低く抑えるためだ。だが、2018年のSAPPHIRE NOWでは、SAPのCEOを務めるビル・マクダーモット氏が「SAP S/4HANA Cloudは8700社の顧客に利用されている」と発表した。パネリストが指摘したように、SAP S/4HANA Cloudに移行する決断は、ビジネスの簡略化や導入の高速化と関連する部分が大きくなっている。

簡略化やアジリティーに端を発するSAP S/4HANA Cloudへの移行

ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結...

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。

news088.jpg

「アドフラウド」の現実 広告費の4分の1が不正なインプレッションにかすめ取られている
「広告費のムダ」がなぜなくならないのか、広告費をムダにしないためにはどうすればいい...