2018年08月07日 05時00分 公開
特集/連載

Salesforce.comとしのぎを削るSAPSAPの新CRM「C/4HANA」は市場を塗り替えるほどの製品か? SAPの狙いを読み解く

SAPは「2018 SAPPHIRE NOW」で新しいCRM「C/4HANA」を発表した。これは「Salesforce」に対抗する位置付けの製品だが、ユーザーがすぐにも導入しそうな気配はない。SAPがCRM市場の見直しを迫れるかという疑問も残る。

[Jim O'Donnell,TechTarget]

関連キーワード

SAP | ERP | SAP ERP


ステージ写真 「2018 SAPPHIRE NOW」カンファレンス初日のプレスカンファレンスとアナリストQ&Aに参加したSAP役員。同社CEOビル・マクダーモット氏は左から2番目《クリックで拡大》

 SAPの新しいCRMスイート「C/4HANA」は、同社のイベント「2018 SAPPHIRE NOW」でおおむね好意的な評価を得た。だが、Salesforce.comの「Salesforce」が独占するCRM市場に挑戦するには、C/4HANAにさらなるテコ入れが必要かもしれない。

 「2018 SAPPHIRE NOW」の初日である2018年6月5日、SAPはC/4HANAを発表し、Salesforceに対抗する意図を明確に示した。C/4HANAは「SAP Hybris」をベースにしたCRMプラットフォームだ。このプラットフォームは、買収したGigyaの技術を基にする「SAP Customer Data Cloud」や、買収したCallidusCloudの技術を基にする「SAP Sales Cloud」など、SAPがもともと有していたCRMポートフォリオのクラウドベース製品で構成している。

 C/4HANAの考え方は、CRMフロントエンドと同社のデジタルコアERPバックエンド「S/4HANA」を結び付けるCRMの新しいパラダイムを提示するものだ。そのパラダイムは「SAP Cloud Platform」で提供する。これにより、企業は顧客についてより総合的に考察でき、しかも、競争に先んじることができる速度でコアERPの信頼されたマスターデータをS/4HANAで処理できる環境が実現する。信頼されたデータを使用して顧客についての見解を迅速に提示する機能は、「以前のCRMでは出し惜しみされていた」と、SAPのCEOビル・マクダーモット氏は初日の基調講演で語った。

 マクダーモット氏はその後のプレスカンファレンスで次のようにも述べた。「SAPには新しいアイデア、優れたアイデアがある。優れたアイデアは必ず勝つ」

 SAPには、CRM市場でSalesforceに挑戦するにふさわしいアイデアとテクノロジーがあるだろうか。アナリストの中には今回の発表に条件付きで賛同する者もいた。だが、一部の顧客はC/4HANAを利用するかどうかを判断するには時期尚早だと考えている。

顧客は様子見

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

中高生のロールモデル消費 マスメディアより友人の話が情報源――大広・日本インフォメーション調査
ポストゆとり世代・ポストミレニアル世代である15〜18歳の中高生を対象に、多様化する価...

news142.jpg

「スタディサプリ」「メチャカリ」「BASE FOOD」「THEO」 サブスク型ビジネスにおける広告戦略
サブスクリプションビジネスにおける広告戦略や新規顧客獲得について注目サービスを展開...

news057.jpg

男性が職場や学校、家庭で感じている「生きづらさ」について――Lean In Tokyo調べ
実は少なくない男性が生きづらさを感じているという調査結果です。