2018年09月25日 05時00分 公開
特集/連載

実行プラットフォームの違いを解説SAP S/4HANAはどこで動かすべき? クラウド、オンプレミス、ハイブリッドを比較 (1/2)

「SAP S/4HANA」の実行プラットフォームに混乱していないだろうか。本稿では、この導入のさまざまな選択肢と、そのメリットとデメリットを考える。

[Jawad Akhtarm,TechTarget]

関連キーワード

SAP | ERP | SaaS | PaaS | SAP HANA | IaaS | SAP ERP


 SAPの顧客になることを検討している最高情報責任者(CIO)、またはSAPの次世代ERPへの移行を考えているCIOは、まず自社に適した実行プラットフォームを判断することになる。実行プラットフォームには、「SAP S/4HANA Cloud」、オンプレミス、ハイブリッドの3つがある。そして、判断の際には、デューデリジェンス(適正評価)を実施しなければならない。それぞれの選択肢にはメリットとデメリットがある。そのため、それらを全て検討してから選択することが重要だ。

 とはいえ、S/4HANAのさまざまな実行プラットフォームのメリットとデメリットを見ていく前に、中核となる考え方を幾つか確認しておこう。

S/4HANA導入の選択肢

 S/4HANAは、SAPのインメモリデータベース「SAP HANA」を基盤とするオンプレミスのERPビジネススイートだ。SAP HANAデータベース、アプリケーション、データセンター、OS、ミドルウェア、サーバ、仮想化、ネットワーキングなど、全てをオンプレミスで顧客が管理する。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news109.jpg

購買データ分析で見る「不足しがちな栄養素」は?――シルタス調べ
スーパーで買い物をしているユーザーの購買データから不足しがちな栄養素と充足している...

news110.jpg

大企業のデジタルマーケティング取り組み実態――富士通総研調査
大企業においてデジタルマーケティングの成果を出すポイントとは。

news076.jpg

LINE、トークリスト最上部に1日1社限定で表示される動画広告「Talk Head View」を提供
LINEは、コミュニケーションアプリ「LINE」のトークリスト最上部に動画広告を配信できる...