「PC買い替え」のベストタイミングが分かる“兆候”はこれだ生産性を高めるPC管理術【第1回】

業務用のPCは、コストと使い勝手のバランスを取りながら、適切なタイミングで交換すべきだ。そのタイミングを見極める方法を紹介する。

2023年07月31日 05時00分 公開
[Helen Searle-JonesTechTarget]

関連キーワード

ビジネスPC | ハードディスク


 PCの交換は、業務の生産性やセキュリティを維持するのに欠かせない仕事だ。だが交換のタイミングを適切に見極めることは簡単ではない。判断が遅くなれば業務に支障を来すリスクがあり、早ければコストや手間が掛かる懸念がある。PCの状態を探り、適切な交換タイミングを見極める方法とは。

「PC交換」のタイミングを判断する“サイン”はこれだ

 コストと生産性のバランスを取ることが、PCの利用において重要だ。PCを適切な頻度で更新すれば、業務の生産性を維持できる。以下の観点を踏まえて、適切な交換のタイミングを検討しよう。

PCのパフォーマンスをチェック

 PCが正常に稼働しているかどうかは、動作速度などのパフォーマンスを測定するベンチマークツールを使うことで確認できる。こうしたベンチマークツールは、プロセッサやストレージ、メモリなどから、パフォーマンスに関するスコアを取得する。IT部門は、定期的に組織内にあるPCのパフォーマンスを確認することで、組織全体の生産性を低下させる問題がないかどうかを確認できる。

PCのクラッシュやフリーズ

 動作が極端に遅くなったり、クラッシュ(アプリケーションの異常終了や不具合)やフリーズ(動作が停止して操作不能になること)が発生したりすることは、PC交換の必要性を示すサインになる。エンドユーザーにとって、ファイルの利用、アプリケーションの実行、Webサイトへの接続などが遅くなることや一時的にできなくなることは、ストレスを募らせる原因になり、生産性の低下を招く。

 クラッシュやフリーズが発生すると、未保存の作業内容が失われ、再起動やファイルの復元に時間を費やすことになる。これが頻発すれば、エンドユーザーの作業は一向に進まなくなり、業務に致命的な問題を引き起こす可能性がある。

 IT部門はエンドユーザーに対して、クラッシュやフリーズの問題を報告するよう奨励するのがよい。問題が深刻な場合は、IT部門がPCの異常を詳細に調査する必要がある。

古いPC

 PCが古くなると、新しいソフトウェアやWebアプリケーションが動作しなくなることがある。逆に言えば、新しいツールが動作しない場合、PCの古さが原因であることが一般的だ。エンドユーザーが業務に必要なツールを使用できなければ、ビジネスの機会損失や、生産性の低下を招くリスクがある。

 ソフトウェアのパッチ(修正プログラム)を適用できない場合があることも、PCが古くなる場合の問題だ。ソフトウェアを適切に更新できなければ、セキュリティに穴が生じやすくなる。IT部門もエンドユーザーも、脅威におびえ、データ漏えいなどのリスクにさらされることになる。ソフトウェアの最新機能を利用できなければ、生産性の低下を招きかねない。


 第2回は、PCを故障させずにできるだけ長く使うこつを紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...