2022年04月03日 10時30分 公開
特集/連載

HDDが壊れる“あの兆候”と、兆候を見逃さない簡単な方法「Windows 10」ドライブ障害の対処法【第1回】

ドライブの故障は、PCが起動しない、データを損失するといった事態を引き起こす。幾つかの兆候に気を付けることで、故障を防ぐことができる可能性がある。どのような兆候があるのか。兆候を発見する手段とは。

[Gary Olsen,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | Windows | ハードディスク


 「Windows 10」搭載PCのユーザーにとって、HDDやSSDといったドライブの障害は恐ろしい事態だ。障害の種類によっては保存データを失い、復元できなくなることもある。

 バックアップを取っておけば障害の影響を抑えることができるが、データの復元に時間やコストを要する。従業員やIT担当者が主要な兆候に常に注意を払い、「chkdsk」(チェックディスク)をはじめとするWindows 10標準機能の使い方を知っておくことで、ドライブ障害のリスクを低減できる。

“あの兆候”を見逃すとHDDが壊れる

 ドライブ障害の発生原因は、落下によるドライブ損傷といった破壊的な原因から、ファームウェアがドライブを認識しなくなったというシンプルな原因までさまざまだ。読み取りと書き込みのメカニズムでセクタ(データを読み書きする最小区画)を読み取れなくなり、少しずつ障害が進行することもある。ファイルのオープンや保存、PCの起動、データアクセスなどの速度が低下してきたら、それもドライブに障害が発生する前触れだ。

 こうした兆候は通常、Windows 10がイベントログとして記録するエラーや警告から簡単に検出できる。イベントログは全てのバージョンの「Windows」にあり、ドライブに関連するエラーや警告などのイベントを記録する。イベントログを確認するには、Windows 10標準機能の「イベントビューアー」(Event Viewer)を使う。タスクバーの検索ボックスに「イベント ビューアー」または「Eventvwr.msc」と入力して検索する。

 イベントビューアーを開いたら左ペインの「Windowsログ」を展開し、「システム」をクリックする(画面1)。ここではドライブ、CPU、メモリ、ネットワークなどのシステムコンポーネントに関するエラー、警告、情報(プログラムの実行結果)などのイベントを確認できる。

画面1 画面1 イベントビューアーはエラーや警告といったイベントを記録し、表示する(画面は英語版、筆者が取得)《クリックで拡大》

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

メディア化する企業が勝つ時代の動画マーケティングはどうあるべきか
見込み客の興味についての理解を深化させ、イベントの価値を最大化し、人々の注目を獲得...

news114.jpg

B2B企業のSEO記事コンテンツ制作、「外注に失敗」の経験が8割超――EXIDEA調査
SEOのノウハウはもちろん重要ですが、記事制作を外注するに当たっては、自社や業界のこと...

news027.jpg

さようならiPod Appleへの20年の貢献度を振り返る
ポータブルミュージック40年の歴史とともに、その偉業を振り返ってみましょう。