2023年07月31日 05時00分 公開
特集/連載

HDDの座を奪うのはSSDじゃなく「テープ」? 新しい使い方とは「テープ」が脇役のストレージから主役へ?【後編】

今後登場する新世代で、飛躍的な容量増加を遂げる見込みの「テープ」。これまでの中心だったバックアップや長期保存に加えて、新たな活用法が考えられるという。どのようなものなのか。

[Adam ArmstrongTechTarget]

関連キーワード

LTO | ハードディスク | ストレージ


 業界団体「LTO Program Technology Provider Companies」(TPCs)が公開するロードマップによれば、磁気テープの規格「LTO」(Linear Tape-Open)は世代が新しくなるたびに、基本的には容量が倍増する。現時点から10年以内、つまり2030年代前半には、1本のテープカートリッジ当たりの容量が、圧縮時で1.44P(ペタ)Bとなる「LTO-14」の製品が登場する見込みだ。

 こうして容量の増加が見込まれるテープは、従来はバックアップや長期保存用として使われてきた。だがHDDを代替し得る、新しい活用法も浮上している。どのような使い方が考えられるのか。

HDDを代替? 「テープ」の新しい使い方とは

 ストレージの選定ポイントは容量だけではないので、1PB超えのテープが登場したとしても、SSDやHDDの必要性に大きな影響を与えるわけではない。テープはデータを使用する際にはテープカートリッジをテープドライブに読み込ませる必要があるため、データへのアクセス時間がSSDやHDDよりも長くなる。SSDやHDDと比較した場合のテープの利点の一つは、コストだ。

 米TechTargetの調査部門Enterprise Strategy Group(ESG)のアナリスト、クリストフ・バートランド氏は、テープがHDDに完全に取って代わることはないと前置きしつつも、「HDDの一部の用途がテープに置き換わる可能性はある」と語る。

 バートランド氏がその一例として挙げるのは、データをすぐに使用できる状態で保管しておくリポジトリ「アクティブアーカイブ」だ。アクティブアーカイブを構築することで、たまにしか使用しないデータにも、すぐにアクセス可能になる。そのストレージは、基本的には大容量のデータを保管する役割を担うことになるため、SSDやHDDを使うのではコストが膨らみ過ぎて、経済的に非効率になる。テープであれば、アクティブアーカイブの要件に合致しやすい。

 テープには、ロボットがテープカートリッジの出し入れを担う「テープライブラリ」というシステムがある。「自動化によって運用管理の負担が減り、テープはより実用的なストレージになってきた」と、バートランド氏は言う。LTOの世代を経るごとに容量が増えれば、「容量単価が下がり、より導入しやすくなる可能性がある」と同氏は付け加える。

 マーケティング会社Image Building Mediaのバイスプレジデント兼COO(最高執行責任者)のアラン・マクナブ氏は、同社がテープを使う理由は、コストだけではないと強調する。同社が重視するのは「信頼性」だ。「当社の経験から言うと、テープは驚異的に信頼性が高い。頑丈で、厳しい運用環境にも耐えられる」と、マクナブ氏は話す。こうした信頼性は、遠隔の施設など、本番システムとは異なる場所でテープを保管する場合には特に重要になる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...