クラウド料金を分かりにくくする“複雑過ぎる請求書”問題の解決策とは?FinOps専門家に聞く「クラウドコストの真実」【後編】

クラウドサービスのコスト管理が難しくなりやすい背景には、クラウドサービスの請求書の複雑さがある。状況は改善するのか。そのために必要なこととは。FinOpsの専門家に聞いた。

2023年07月30日 08時30分 公開
[Johanna McDonaldTechTarget]

 「FinOps」は、クラウドサービスへの支出を正確に管理して、コストを削減するための運用モデルだ。FinOpsが登場した背景には、クラウドサービスのコスト管理の難しさがある。FinOpsのガイドブック『Cloud FinOps: Collaborative, Real-Time Cloud Financial Management』の共著者であるマイク・フラー氏が、クラウドサービスのコストに関する状況の変化を語る。

クラウドの利用料金をより分かりやすくする策は?

―― クラウドサービスの利用料金を取り巻く動向に変化はありますか。

フラー氏 利用料金に関しては大きな変化はないものの、クラウドサービス市場そのものは変化が激しい。新しいサービスや機能が次々に登場しており、請求にまつわるデータも増大している。

―― クラウドベンダーは、ユーザー企業に対して明確な内容の請求書を提供しているのでしょうか。

フラー氏 クラウドベンダーによっては、請求書で詳細な情報を提供しているところもある。Amazon Web Servicesは他のクラウドベンダーよりも長い間クラウドサービスを提供しているため、請求書の内容が非常に細かくなっている。その半面、請求書が細かくなり過ぎているという課題もある。

 クラウドベンダーは利用料金に関して、より分かりやすいデータを提供できるのではないだろうか。粒度が高い請求書を作り続けるだけではなく、コストに関するデータをより可視化して、コストを把握しやすくするための手段を提供する必要がある。クラウドベンダーが分かりやすいデータを提供することで、ユーザー企業はコストの分析が容易にできるようになると考えられる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news106.jpg

GartnerのCMO調査の結果が示唆する低予算時代のマーケターが生きる道
Gartnerが欧米のマーケティング意思決定者395人を対象に実施したCMO支出調査の結果です。

news011.png

「ECプラットフォーム」売れ筋TOP10(2024年5月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。

news186.jpg

Webマーケティングの調査分析ツール「Keywordmap」の記事本文自動作成が「GPT-4o」に対応
集客戦略やサービス改善のための調査分析ツール「Keywordmap」の記事本文自動生成がOpenA...