2023年07月29日 09時30分 公開
特集/連載

IntelやAMDのプロセッサとApple「M2 Ultra」の比較に“意味がない”のはなぜ?Appleの新SoC「M2 Ultra」とは【後編】

Appleは「M2 Ultra」をはじめとする独自プロセッサの開発を続けている。IntelやAMDといった専業ベンダーのプロセッサとAppleのプロセッサは、実際のところ何が違うのか。そもそも両者の比較に意味はあるのか。

[Ed ScannellTechTarget]

 先代SoC(統合型プロセッサ)「M1 Ultra」から順当に進化した「M2 Ultra」の発表からは、独自プロセッサの開発を継続するというAppleの意思が明確に見て取れる。一方でプロセッサ市場では、IntelやAMD(Advanced Micro Devices)をはじめとする専業ベンダーがしのぎを削っている。

IntelやAMDのプロセッサとM2 Ultraの比較に“意味がない”のはなぜ?

 「近いうちにIntelやAMDといったCPUベンダーが、M2 Ultraと競合するプロセッサを発表する可能性がある」とニューマン氏はみる。Intelは2023年後半に、PC向けの新しいCPU「Meteor Lake」を発売する計画だ。

 Appleは、同社のクライアントデバイス「Mac」シリーズで、他社のプロセッサを利用できるようにしていない。同社は2020年後半から、Macに搭載するプロセッサをIntel製プロセッサから自社開発のSoCに変更し始めた。

 IntelとAMDは、汎用(はんよう)的なプロセッサを求める幅広いユーザー層に対してプロセッサを提供している。一方でAppleが提供するプロセッサは「画像や動画といった特定種類のデータの高速処理を強みとしている」とゴールド氏は指摘。IntelやAMDのプロセッサとM2 Ultraは「用途によってどちらが優れているかが異なり、単純には比較できない」と強調する。

関連キーワード

Apple | Mac | CPU | GPU


TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news091.jpg

2023年の動画広告市場は前年比112%の6253億円 縦型動画広告が高成長――サイバーエージェント調査
サイバーエージェントが10回目となる国内動画広告市場の調査結果を発表しました。

news077.jpg

バーガーキングがまた発明 “ワッパー生成AI”でブランドの伝統を現代に
Burger Kingが米国で開始した生成AIを使ったユニークなコンテストは、カスタマイズできる...

news068.png

日本の営業担当者は1日にあとどのくらい顧客と接する時間が欲しい?――HubSpot Japan調査
日本の法人営業担当者は顧客と接する時間を「1日にあと25分」増やしたいと考えています。