Wi-Fi 6ブームが着火した“単純過ぎる理由”とは?特選プレミアムコンテンツガイド

「Wi-Fi 6」準拠の無線LAN機器への投資意欲が、パンデミックを機に急速に高まったのはなぜなのか。その理由は意外なほどに単純だという。どういうことなのか。

2023年12月14日 10時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)以降、標準規格「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)準拠の無線LAN機器への投資が加速している。パンデミックと共に、テレワークとオフィスワークを併用する「ハイブリッドワーク」が世界中で広がったことが、その背景にあるという。

 ハイブリッドワークの普及が、なぜWi-Fi 6準拠の無線LAN機器への投資につながるのか。その答えは決して難しくない。パンデミック前のネットワークインフラの状況や、ハイブリッドワークに求められるネットワーク要件を踏まえて考えれば、答えはおのずと分かるはずだ。本資料を確認して答え合わせをしつつ、ネットワークにおける“常識”の変化を確認しよう。


ALT ダウンロードはこちら

中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

連載:オフィスの本流になる無線LAN

ITmedia マーケティング新着記事

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...