次世代無線LAN「Wi-Fi 7」製品が早くも登場 気になる進化は?NokiaがWi-Fi 7製品を投入【前編】

次世代の無線LANとして注目を集める「IEEE 802.11be」(Wi-Fi 7)の製品群を、Nokiaが発表した。Wi-Fi 7で追加された新機能はネットワークにどのような変化をもたらすのか。

2023年11月30日 05時00分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

 通信機器ベンダーNokiaは、無線LANの次世代規格「IEEE 802.11be」(Wi-Fi 7)準拠製品のポートフォリオを2023年10月に発表した。Wi-Fi 7は無線LAN規格「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)と比べて、理論値での最高速度が3倍以上になる。同社の発表によれば、提供開始は2024年の前半になる見込みだ。Nokiaはどのような機能を持つWi-Fi 7準拠の製品を提供するのか。

Wi-Fi 7の目玉機能は?

 Nokiaが今回発表した製品の一つは、ゲートウェイ機器「Nokia WiFi Beacon 24」だ。2.4GHz帯、5GHz帯を2つ、6GHz帯の計4つの帯域(クアッドバンド)で通信が可能となっている。それに加えて、4つの無線リンクによる「マルチリンクオペレーション」(MLO)機能を実装した。MLOは無線LANデバイスが異なる複数の周波数やチャネル(データ送受信用の周波数帯)で同時にデータを送受信する機能で、無線通信の速度や安定性の改善が期待されている。

 他にも以下の製品をNokiaは発表した。

  • FastMile 5G Gateway 7
    • 家庭向けの「固定無線アクセス」(FWA:Fixed wireless Access)用ルータ。FWAはユーザー宅と通信事業者の中継網を無線でつなぐ仕組み。宅内では無線LANのアクセスポイント(AP)にもなる。
  • Nokia XS-2437X-A
    • Wi-Fi 7準拠の家庭用無線LAN AP。最高速度は19Gbpsとなっている。

 NokiaはこれらのWi-Fi 7準拠デバイスに、同社のソフトウェアパッケージ「Nokia Corteca」をインストールしている。Nokia Cortecaは無線LANの業界団体Wi-Fi Allianceが提唱する「Wi-Fi EasyMesh」をサポートしている。これは複数のAPを連携させてメッシュ(網目)状のネットワークを構築する技術だ。このため、上記Wi-Fi 7準拠のデバイスでもWi-Fi EasyMeshを利用できる。


 後編は、Wi-Fi 7準拠のポートフォリオについて、Nokia幹部と調査会社アナリストがどのように見ているのかを紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...

news145.jpg

3D空間メディアのマーケティング効果を測る新指標「ブランドイマーシブタイム」とは?
電通と電通グループ、電通デジタルは、3D空間メディアが与えるマーケティング効果を測る...