2022年07月07日 10時00分 公開
特集/連載

無線LANは徐々に使われなくなる?特選プレミアムコンテンツガイド

新規格が登場するたびに継続的に進化をしてきた無線LAN。こうした進化の繰り返しは、無線LANを不可欠な存在にした。だが今後は無線LANの必要性が、以前ほどは高くならない可能性があるという。それはなぜなのか。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 無線LAN規格「IEEE 802.11ax」(「Wi-Fi 6」)には、データ伝送速度の高速化やクライアントデバイスの消費電力の抑制など、さまざまなメリットがあるとベンダーや業界団体はうたっている。これまでも無線LANは、新しい規格が登場するたびに進化してきた。これからもWi-Fi 6をはじめ、新規格が次々に登場し、普及すると考えられる。

 それでも「無線LANの必要性は、以前ほどは高くならない」との見方がある。それはなぜなのか。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

連載:「Wi-Fi 6」への期待と現実

ITmedia マーケティング新着記事

news091.jpg

2023年の動画広告市場は前年比112%の6253億円 縦型動画広告が高成長――サイバーエージェント調査
サイバーエージェントが10回目となる国内動画広告市場の調査結果を発表しました。

news077.jpg

バーガーキングがまた発明 “ワッパー生成AI”でブランドの伝統を現代に
Burger Kingが米国で開始した生成AIを使ったユニークなコンテストは、カスタマイズできる...

news068.png

日本の営業担当者は1日にあとどのくらい顧客と接する時間が欲しい?――HubSpot Japan調査
日本の法人営業担当者は顧客と接する時間を「1日にあと25分」増やしたいと考えています。