無線LANの宣伝文句を“信じてはいけない”のか?無線LANの将来を占う「5大要素」【第2回】

無線LANは確実に性能が高まってきているが、ベンダー各社が強調するほど“素晴らしい技術”でもない可能性がある。無線LANの真実とは。

2022年11月25日 08時15分 公開
[Lee BadmanTechTarget]

 無線LANを巡って、コストやデータ伝送速度など、ユーザー企業が直面しているさまざまな課題がある。無線LANは今後、どうなるのか。第1回の「TCO」(総所有コスト)に続き、今回は無線LANの将来を予測するための「5大要素」のうち、2つ目を考える。

2.無線LANの性能:宣伝文句で隠れた“本当の実力”は?

 無線LANはデータ伝送速度を向上させるために、長い道のりを歩んできた。無線技術の進化、OSやアプリケーションの改良などのおかげで、無線LANのデータ伝送速度などの性能が上がった。ユーザー企業は日々無線LANを使う中で、その進化を実感してきた。ただし無線LANの大げさな宣伝文句には要注意だ。無線LANは確実に進化してきているとはいえ、決してまだ完璧なものではない。

 ハードウェアにも課題がある。新しい無線LAN規格が登場した際、その規格を使うには無線LANアクセスポイント(AP)やクライアントデバイスを、それに準拠した製品に置き換える必要がある。ユーザー企業はいったんハードウェアを置き換えても、また次の新しい無線LAN規格が登場したときは同じ問題に直面することになる。

 マーケティングにたけているベンダーの無線LAN製品は、ベンダーの宣伝文句と実際の性能が合っていないことがある。ベンダーの宣伝文句をうのみにせず、「実力」を冷静に見れば、無線LANには、まださまざまな制限があることが分かる。無線LANを巡る大げさな宣伝は、標準化中の「IEEE 802.11be」(Wi-Fi 7)が普及する過程でも続くと考えられる。


 第3回は、3つ目の「クライアントデバイスの動向」と、4つ目の「新しい周波数帯」を見る。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...