Twitterだけじゃない ついに来た「IT大手“大解雇時代”の幕開け」IT人材採用市場の好景気は続くのか【中編】

IT人材の確保が急務になっている企業がある一方、複数の大手ベンダーが従業員の人員削減に乗り出した。各社はどのような考えの下で、そのような判断に至ったのか。

2022年12月07日 08時15分 公開
[Patrick ThibodeauTechTarget]

関連キーワード

ERP | IT戦略 | スキル


 さまざまな企業がIT人材の採用を盛んに進める一方、大手ベンダーの間にはIT人材の登用に消極的になる動きが見られる。幾つかの大手ベンダーの動きを見てみよう。

IT大手“大解雇時代”到来か

 2022年11月、Amazon.comの人材担当シニアバイスプレジデントを務めるベス・ガレッティ氏は、同社の採用に関する方針を公式ブログのエントリ(投稿)で発表した。それによると、同社は今後数カ月にわたって従業員の新規採用を一時停止する。

 オンライン決済サービスを運営するStripeは2022年11月、従業員の14%を削減し、従業員数を同年2月時点と同規模の7000人まで減らすとの声明を公開した。これまで規模拡大を図ってきた同社のCEO、パトリック・コリソン氏は、判断を誤った要因について「2022、2023年のインターネット経済の短期成長を楽観視し過ぎていた」と、公式ブログのエントリに記した。

 イーロン・マスク氏が買収したTwitter社は、従業員の半数削減に踏み切った。同社の元従業員5人は、同社が米カリフォルニア州の労働者調整・再訓練予告法(WARN:Worker Adjustment and Retraining Notification)に違反しているという主張の下、連邦裁判所に告訴した。同法は「企業が大量解雇を実施する際は、60日前に書面で通知すること」を企業に義務付けており、同社がそれに従わなかったという主張だ。

 訴状によると、原告の従業員は解雇通知を受ける前に、短文投稿サイト「Twitter」における自身のアカウントがロックされた。それが「解雇される合図だ」と感じたという。


 大手ベンダーの間で人員削減が進む一方で、企業によるIT人材の雇用そのものは活発だ。後編は、企業のIT人材採用の加速に対する専門家の見方を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...