“脱COBOL”に役立つ「ビジネスルール抽出」ツールの可能性と限界COBOLのモダナイゼーションテクニック【第4回】

COBOLプログラムのモダナイゼーションには、業務遂行上のルールである「ビジネスルール」をプログラムから抽出するツールが活躍する場合がある。その実態とは。

2022年12月07日 08時15分 公開
[Stephanie GlenTechTarget]

 プログラミング言語「COBOL」で書かれたレガシーなプログラムをモダナイゼーション(最新化)する際、「ビジネスルール抽出」ツールが役立つ場合がある。ビジネスルールは、業務を遂行する上で必要になる規約や判断基準などの決まりごとを指す。

「ビジネスツール抽出」ツールの利点と課題

 モダナイゼーションツールベンダーEvolveWareのCEOであるミテン・マルファティア氏は、モダナイゼーションの簡単かつ手っ取り早い方法は、「レガシープログラムの機能を再現でき、かつ最新の各種インタフェースを持つ市販ツールを見つけること」だと話す。そうした市販ツールに、抽出したビジネスルールを読み込ませればよい。

 ビジネスルール抽出ツールを用いたモダナイゼーションに際して、「企業はビジネスルールの移行以外にも検討することがある」とジェイソン・ブルームバーグ氏は述べる。ブルームバーグ氏は調査会社Intellyxの創設者兼プレジデントを務める。

 抽出したビジネスルールは、プログラムの役割を示す。ただしプログラムの実行に必要な情報全てを含んでいるわけではない。新しいプログラムでも問題なく利用できる機能を実装するには、抽出したビジネスルールを市販ツールにうまく取り込むか、モダンなプログラミング言語で一からプログラムを開発する必要がある。


 第5回は、COBOLプログラムのモダナイゼーションを自動化ツールで進める際の注意点を取り上げる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...