COBOLをやめる“大変だけど最善の方法”とは?COBOLのモダナイゼーションテクニック【第2回】

レガシーなCOBOLプログラムをモダナイゼーションする方法は幾つか存在する。そのうち専門家が「手間が掛かるが最善だ」と評する方法とは何か。その評価の根拠とは。

2022年11月24日 08時15分 公開
[Stephanie GlenTechTarget]

 企業において、プログラミング言語「COBOL」で記述したレガシープログラムのモダナイゼーション(最新化)が急務になっている。幾つかあるモダナイゼーション手法のうち、専門家が推奨する手法の良い点と悪い点を紹介しよう。

COBOLをきれいにやめるには“覚悟”が必要

併せて読みたいお薦め記事

連載:COBOLのモダナイゼーションテクニック

COBOLプログラムからの脱却


 「最良の選択肢の一つは、COBOLプログラムを最新のプログラミング言語で書き直すことだ」。マーケティング支援ベンダーHubSpotのデベロッパーリレーション担当シニアマネジャー、クリス・ライリー氏はそう話す。

 レガシープログラムの書き直しは、プログラムの用途を変える必要がある場合や、代替できる製品がない場合に選択肢になりやすい。「プログラムの書き直しは『技術的負債』の発生を防ぎ、最新技術の恩恵をフルに活用できる」とライリー氏は説明する。技術的負債とは、開発速度を優先させることで生じるプログラムの不備を指す。

 「COBOLプログラムを一から書き直す作業には手間が掛かる」ともライリー氏は言う。プログラムの完全な書き直しには、数カ月から数年にわたる開発期間を要することは珍しくない。

 書き直し作業では通常、COBOLを他のプログラミング言語に翻訳する必要がある。COBOLエンジニア不足のため、そうした翻訳作業が困難になる可能性がある。


 第3回は、自動化ツールを活用したCOBOLプログラムのモダナイゼーション手法を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...

news188.png

香り体験をデジタル化する「香りリテールメディア」 東芝テックとスコープが提供開始
店頭に香りリテールメディア用のタブレットと香料噴射器が付いた商品棚を設置して、消費...

news182.png

電通と電通デジタル、電通プロモーションプラス3社横断のCX専門チームが発足
dentsu Japanの3社は、分散しがちだったCXの施策、ノウハウ、データをつなげるストック型...