COBOLをやめる“とんでもなく悪い方法”はこれだCOBOLのモダナイゼーションテクニック【第1回】

COBOLプログラムのモダナイゼーション(最新化)手法には、幾つかの選択肢がある。自社のニーズに沿った手法を選ぶために、それぞれのメリットやデメリットを理解しておこう。

2022年11月17日 08時15分 公開
[Stephanie GlenTechTarget]

 プログラミング言語「COBOL」を扱えるエンジニア不足が深刻だ。COBOLに精通していないエンジニアでも、メインフレームで稼働するプログラムを扱えるようにするために、企業はCOBOLプログラムのモダナイゼーション(最新化)に取り組んでいる。

良くない「COBOLのやめ方」

 COBOLプログラムのモダナイゼーションには、さまざまな手法がある。調査会社Intellyxの創設者兼プレジデントであるジェイソン・ブルームバーグ氏は、「COBOLプログラムを行単位で別のプログラミング言語に変換することは、決して良いアイデアではない」と話す。

 ブルームバーグ氏は、COBOLから行単位で変換するのが望ましくないプログラミング言語の例として「Java」を挙げる。その理由は「JavaとCOBOLは違うプログラミングパターンとベストプラクティスを持つからだ」(同氏)という。

 行単位での変換の他には

  • プログラムを一から書き直す
  • プログラムを自動変換するツールを使用する

といったモダナイゼーション手法がある。専門家によるとそれぞれに長所と短所がある。どの手法を採用するのかは、

  • 作業するエンジニアのスキル
  • 予算
  • 市販ツールとの互換性

などの要因を考慮して決めるとよい。


 第2回は、COBOLプログラムの適切なモダナイゼーション手法を考える。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...

news132.jpg

「Apple炎上」から何を学ぶか?(無料eBook)
Appleが新しい「iPad Pro」の広告用に公開した「Crush!」が世界中で大炎上したのは記憶に...

news105.jpg

Web担当者を悩ませる「フォーム営業」をブロック 「ヘルプドッグフォーム」に新機能
ノーコードのフォーム作成管理システム「ヘルプドッグフォーム」が「フォーム営業ブロッ...