給料が増えても「ITエンジニア」が転職を考えるのはなぜ?ITエンジニアの給与・採用事情【中編】

企業は良い給与を提示して、ITエンジニアを囲い込もうとしている。ところがそれを蹴って新たな職を探すITエンジニアもいる。それはなぜなのか。

2022年11月04日 08時15分 公開
[Clare McDonaldTechTarget]

関連キーワード

ERP | プログラマー | 在宅勤務


 転職支援サービスを手掛けるHiredは、ITエンジニアの採用市場に関する調査を実施した。2019年1月から2022年6月までに同社が仲介した90万7000件以上のITエンジニアの面接を分析し、レポートにまとめた。その数字から採用市場の傾向を見てみよう。

ITエンジニアが給料増でも転職を考える理由

 ITエンジニアの給与は米国、英国、カナダで伸び続けている。英国のITエンジニアの給与は2022年、他国よりも低かった。2021年と比較すると、約7万6000ポンドから約8万3000ポンドに増えているが、米国やカナダには後れを取っている。ITエンジニアの2022年の平均給与は米国が約15万9000ドル、カナダが約13万3000カナダドルだった。

 経験が浅い求職者の給与は、2021年から2022年にかけて米国は横ばい、カナダは減少、英国は増加した。ただしITエンジニアは、給与の伸びが生活費の上昇に追い付いていないと考えている。調査対象者の57%は、「今後半年の間に、自分に合う職業への転職活動を計画している」と回答した。

 IT人材の獲得市場は依然として競争が激しい。レポートはこう指摘する。「企業は優秀な人材を採用し、求職者の期待に応え、転職を防ぐために高水準の給与を提示してきた。企業が報酬を見直す中で、この傾向が弱まるかどうかはまだ分からない」

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...