2023年09月12日 05時15分 公開
特集/連載

生成AIと歩む「未来のエンジニア」の“あるべき姿”とは?生成AIはエンジニアの職を奪うのか【第5回】

ソフトウェア開発において生成AIの活用が進む一方、「AIに職を奪われる」ことを不安視する向きもある。しかしそれは正しい考えだとは言い難い。IT業界は生成AIとどう付き合っていくべきなのか。

[George LynchTechTarget]

 テキストや画像などを自動生成するAI(人工知能)技術「ジェネレーティブAI」(生成AI)を業務に取り入れる動きが進んでいるのは、ソフトウェア開発分野も例外ではない。この動きで生じるのが、「AIに職を奪われる」という懸念だ。ただしそうした不安は取り越し苦労だという見方がある。それはなぜなのか。エンジニアは生成AIにどう向き合うべきなのか。

生成AIと歩む「未来のエンジニア」のスキルレベル

 生成AIの登場は、ノーコード/ローコード(ソースコードの記述なし、または最小限のソースコード記述のみ)開発ツールの登場と似ている。企業におけるオーダーメードのソフトウェア開発は、その一部がノーコード/ローコード開発ツールに取って代わることになったが、IT業界で働くソフトウェアエンジニアがいなくなったわけではない。これはノーコード/ローコード開発ツールや生成AIが、データ処理やフォームの自動生成などソフトウェア開発の基本的な部分に焦点を当てているためだ。

 そうした基本的な部分を生成AIなどの技術に担わせた後、先見の明のある企業は、次のイノベーションを求めてさらなる技術開発を目指す。しかしそれには通常、高いスキルを有する人間の介入が必要だ。さらなる技術革新に必要なスキルレベルはどの程度なのか。生成AIやローコードはその水準に達することができるのか。その水準は、生成AIやローコードでは達成できないレベルだと考えられる。

 このため、ソフトウェアエンジニアがお役御免になる危険性はないと言える。IT業界は今後も、AI技術が生み出す洗練されたアウトプットを土台に、人の高いスキルを要求する場であり続けるはずだ。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...