AIブームでも冷静なCIOと宣伝文句に踊るCEO なぜ認識が“全然違う”のか?AI技術の誇大宣伝に物申す【中編】

CIOの間ではAIブームに対する疑念と不満が高まっている。CEOが抱く生成AIへのイメージとCIOのそれが大きく異なることは、何を意味するのか。

2023年08月23日 05時00分 公開
[Bryan BettsTechTarget]

関連キーワード

人工知能 | データ


 IT 業界のアナリスト集団である当社Freeform Dynamicsは、CIO(最高情報責任者)とその他のITリーダーを対象に調査を実施した。さまざまなベンダーが繰り広げているAI(人工知能)技術関連の宣伝に対する意識を調べた結果、CIOの間ではAIブームに対する疑念と不満が高まっていることが分かってきた。

盛り過ぎベンダーにCIOは冷ややか

 さまざまなベンダーがうたっている「AI機能」について、「誇張されたものだと分かることがよくある」と答えた回答者は、88%に達した。「真にAI技術によって実現した仕組みに出合うことがある」と答えたCIOは、わずか20%だった。

 一方で、企業のCEOはAI技術を「業界の破壊者」だと捉えていることが珍しくない。こうしたCEOにとって、AI技術は既存のビジネスモデルを覆し、生産性を高め、余剰人員を生む存在なのだ。この状況をどう受け止めればよいのか。

AIウォッシングの横行

 まず考えられるのは、“AIウォッシング”が横行していることだ。筆者の同僚の言葉を借りると、ベンダー各社の宣伝は良く言って疑わしく、悪く言えば故意に誤解を与えている。問題は、ほとんどのITリーダーがそれを十分に認識しているのに対して、門外漢であるCEOにはそれが分からない場合があることだ。

 企業のCEOは、テキストや画像を自動的に生成するAI技術「生成AI」(ジェネレーティブAI)に関する誇大宣伝を真に受け過ぎている。生成AIを使ったチャットbotなどのAIツールは単なるツールに過ぎないことや、そこから価値を得るには専門のトレーニングや知識が必要であることに気付いていないCEOもいる。誇大宣伝とFOMO(Fear Of Missing Out:取り残される不安や恐怖)が不適切な投資判断を促し、失敗を招くリスクがある。

 AI技術は非常に幅広い分野であることをCEOが認識していない可能性もある。生成AI以外にも、プロセスとワークフローの自動化といったように、人員削減を可能にする技術もあれば、意思決定とその原因の説明を支援する「因果関係AI」など新しい分野もある。AI技術は、画像や映像から情報を取り出すコンピュータビジョンや音声認識、自動運転など、さまざまな分野で重要だ。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...