2023年08月23日 05時15分 公開
特集/連載

「HDDは完全に消える」というPure Storageの予測を否定できない訳Pure Storageの「打倒HDD」戦略【第2回】

ストレージベンダーPure Storageは大容量SSDを切り札にして、HDDに挑戦状を出している。同社は何を理由に、「HDDの魅力はなくなってしまう」とみるのか。

[Antony AdsheadTechTarget]

 HDDの代役として大容量SSDに注力するストレージベンダーPure Storage。同社はなぜ、HDDが魅力を失ってしまうとみるのか。

目指すは「HDDの一掃」 Pure Storageの容赦ない大容量SSD戦略とは

 「当社がこの10年間力を入れてきたのは、HDDに取って代わるストレージとしての大容量SSDの開発だ」。Pure Storageで最高マーケティング責任者(CMO)を務めるマット・バー氏はそう語る。

 Pure StorageがSSDの優位性を主張するのは、データ読み書きなどのパフォーマンスが求められる、一部の特殊な用途ではない。「大容量SSDを切り札にして、全ての用途においてHDDの“一掃”を目指す」と同社は説明する。Pure Storage創設者兼最高戦略責任者のジョン・コルグローブ氏によれば、SSDは消費電力、設置に必要なスペース、冷却といった点に関しても企業にメリットをもたらす。「数年後、容量300TBのSSD製品が入手可能になったら、企業はもはやHDDの購入を検討する理由はない」(コルグローブ氏)

 同社が開発する「DirectFlash」は、従来のSSDを代替する、NAND型フラッシュメモリ搭載の独自モジュールだ。DirectFlash搭載の同社製ストレージアレイは、1GB当たりの単価を抑制しやすいことを特徴の一つとしている。「コストを武器に、さまざまな用途でHDDの置き換えに挑みたい」(コルグローブ氏)


 第3回は、HDDの弱点を考える。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news041.jpg

2024年の広告業界大予測(無料eBook)
Forrester Researchは2024年を「大手メディアが活気を取り戻す瞬間」としています。マー...

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...