2021年12月10日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「無線LANルーター」の基礎 “1台4役”の中身とは?無線LANアクセスポイントと無線LANルーターの違い【中編】

無線LANルーターは、1台で4つの機能を提供する。その機能を紹介しながら、無線LANアクセスポイントとの違いを浮き彫りにする。

[Alissa Irei, Lisa Phifer,TechTarget]

関連キーワード

無線LAN | ネットワーク | ルータ


 一見して似ているが、実は明確な違いがある「無線LANアクセスポイント」と「無線LANルーター」。両者を理解して自社にぴったりのものを選ぼう。無線LANアクセスポイントに焦点を当てた前編「いまさら聞けない『無線LANアクセスポイント』の基礎 一言で説明すると?」に続き、中編となる本稿は無線LANルーターの仕組みを説明する。

いまさら聞けない「無線LANルーター」“4つの機能”とは

 無線LANルーターは、無線LANアクセスポイントの機能と、異なるサブネット(小規模ネットワーク)間でパケットを転送するルーターの機能を備える。スマートフォンやタブレット、ノートPCといったクライアントデバイスをLANに接続する役割と、LANとインターネットの間のゲートウェイの役割の両方を果たすことができる。

 大半の無線LANルーターは、4ポートのイーサネットスイッチも搭載している。そのため、数台のPCをイーサネットケーブルで有線LANに接続させ、インターネットにアクセスさせることが可能だ。他にも基本的なファイアウォール機能を備える。まとめると、無線LANルーターは1台で下記の4つの機能を提供する。

  • 無線LANアクセスポイント
  • ルーター
  • 小規模なイーサネットスイッチ
  • 基本的なファイアウォール

 前述の通り、無線LANルーターは無線LANアクセスポイントの機能を持つため、無線LANアクセスポイントの“一種”と見なすことができる。一方で無線LANアクセスポイントには無線LANルーターの機能はない。そのため複数の無線LANアクセスポイントを使用する場合、LANとインターネットの間のゲートウェイの役割を果たすルーターも別途必要となる。


 後編は、無線LANアクセスポイントと無線LANルーターの主な違いをおさらいする。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...