2021年02月18日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「IP電話」と「VoIP」の基本的な違いとは?微妙な違いを理解

「IP電話」と「VoIP」を同義語として扱う専門家は少なくない。2つの用語の微妙な違いを認識することで、それぞれのメリットとデメリットを理解しやすくなるだろう。

[Alissa Irei, Amy Kucharik,TechTarget]

関連キーワード

ネットワーク


 「IP電話」という用語は「ビジネスの文脈で『IPネットワークを使った音声通話サービスを可能にするソフトウェアとハードウェア』を指す言葉として使われることが特に多い」と、あるアナリストは指摘する。これに対して「VoIP」(Voice over IP)という用語は、企業ITと一般向けITの両方の場面で使われている。両者は何がどう違うのか。本稿はIP電話とVoIPの違い、それぞれのメリットとデメリットを解説する。

IP電話とは

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

動画の重要性 「増している」が85% 動画コンテンツの内製化率は前年比倍増――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが「企業のDX推進における動画活用の実態調査 2021」を実施。デジタ...

news066.jpg

これもアマゾンエフェクト? 米国で激減するあの人名の話
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

電通「2020年 日本の広告費」 総広告費は大幅減でもインターネット広告費は成長を維持
2020年の日本の総広告費は6兆1594億円で前年比88.8%。東日本大震災があった2011年以来9...