テレワークの入門企業もベテラン企業も納得のセキュリティ対策とは?テレワークと長く付き合うためのセキュリティ対策【中編】

テレワークの急拡大で生じたセキュリティ対策の“穴”は、攻撃者にとって格好の狙い目になり得る。実害を招かないために、企業が取るべきセキュリティ対策とは。

2021年02月18日 05時00分 公開
[Michael CobbTechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で企業間にテレワークが広まったと同時に、サイバー攻撃者はテレワークに関するセキュリティ問題を積極的に狙うようになった。

 テレワークが広がると、従業員が業務に使用するデバイスやネットワークが多様化する傾向がある。特に従業員が個人で導入・管理するデバイスやネットワークには、セキュリティ対策が不十分なものも少なくない。こうした状況で攻撃者に、従業員の自宅にある業務データを狙われると危険だ。従業員がテレワークで使う可能性があるデバイスとしては私物のPCやタブレット、スマートフォンがあり、ネットワークとしては一般消費者向けインターネット回線がある。

テレワークのセキュリティ問題にどう対処するか

 こうしたセキュリティ問題に対処するために、企業は何をすればよいのか。

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...