2021年01月14日 05時00分 公開
特集/連載

テレワークを安全にする「ゼロトラスト」の基礎 なぜ「VPN」では不十分?長期テレワークに備えたセキュリティ計画【後編】

コロナ禍で導入したテレワークを安全に継続するためには、何をすればよいのでしょうか。企業が従来利用してきた「VPN」の限界と、「ゼロトラストセキュリティ」の重要性を説明します。

[宮澤敏明,シトリックス・システムズ・ジャパン]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、人々に対面コミュニケーションの制限を強いています。対策として在宅勤務をはじめとするテレワーク制度を導入、活用する動きが広がりました。テレワークを継続したいという要望が高まる中、長期的なテレワーク実施を見据えたセキュリティ対策は喫緊の課題です。前編「テレワークを本気で続けたいなら対処すべき『2大セキュリティリスク』とは」で紹介したリスクに対処するためには、どのような対策を講じればよいのでしょうか。

テレワーカーを守るにはVPNだけでは不十分

 長期的なテレワーク実施に向けたセキュリティ計画で新たな対策を検討する際には、まずVPN(仮想プライベートネットワーク)に注目することが少なくないでしょう。テレワークの普及に併せ、VPNの利用も広がっています。VPNは暗号化を利用することで、通信内容が外部から盗み見られることを防ぎます。

 テレワークが当たり前となる働き方では、VPNがボトルネックになる恐れがあります。VPN経由でSaaS(Software as a Service)などクラウドサービスへの接続が集中すると、トラフィックが増大してVPNが逼迫(ひっぱく)し、動作が遅くなるなどクラウドサービスのパフォーマンスを低下させる可能性があります。これはテレワーカーをいら立たせたり、業務効率を低下させたりすることにつながります。テレワークセキュリティは、長期的にVPNに頼ることは難しいと言えます。

テレワークのセキュリティには「ゼロトラスト」を

 テレワーカーが直面するさまざまなセキュリティリスクを考慮すると、長期的なテレワークを保護するセキュリティには「ゼロトラストセキュリティ」の考え方が必要です。企業はゼロトラストセキュリティを採用することで、テレワークの利便性を損なうことなく、リスクを軽減し、セキュリティを向上させることができます。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...