2020年08月09日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「VoIP」「VPN」「Wi-Fi」「WAN」とは?初心者のためのホームネットワーク15大基礎用語【第4回】

新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、在宅勤務などのテレワークの実践が広がっている。テレワークを実現する上で重要な役割を果たすのがホームネットワークだ。その理解に役立つ基礎用語を紹介する。

[Michaela Goss,TechTarget]

関連キーワード

ネットワーク


 ホームネットワーク(家庭内ネットワーク)は、在宅勤務などのテレワークを支える重要な要素だ。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)に伴うテレワークの拡大で、ホームネットワークの重要性はより高まっている。ホームネットワークに関する15個の基礎用語を紹介する本連載。第1回「『帯域幅』『AP』『イーサネット』とは? 在宅勤務ネットワークの必修用語」、第2回「いまさら聞けない『レイテンシ』『LAN』『モデム』『ネットワーキング』とは?」、第3回「いまさら聞けない『リモートアクセス』『ルーター』『スイッチ』『Web会議』とは?」に続く本稿は、残る4つの基礎用語を説明する。

基礎用語12.VoIP

 「VoIP」(Voice over IP)はIP(インターネットプロトコル)ネットワーク経由で、音声を中心としたマルチメディアデータを伝送できるようにする技術のことを指す。VoIPは「IPテレフォニー」を実現する要素技術だと言える。IPテレフォニーは、音声やFAX(ファクシミリ)など通常は電話回線を使うデータの伝送を、IPネットワークを使って実現することを指す。VoIPは、従業員がオフィス外で仕事をするためのリモートアクセスを実現する上で、重要な役割を担う。

基礎用語13.VPN

 「VPN」(仮想プライベートネットワーク)は、エンドユーザーのデバイスと、会社の「LAN」や「WAN」といった社内ネットワークとの間のデータ伝送を保護する技術だ。VPNを利用すれば、従業員がまるで会社のオフィスにいるかのように、データを安全に送受信できる。VPNは「リモートアクセス」を実現する一般的な技術だ。

変更履歴(2020年8月11日9時5分)

掲載当初「基礎用語12.VPN」「基礎用語13.VoIP」と記載していたのは、それぞれ「基礎用語12.VoIP」「基礎用語13.VPN」の誤りでした。おわびして訂正します。本文は修正済みです。

基礎用語14.Wi-Fi

 「Wi-Fi」は、標準化団体IEEE(米電気電子技術者協会)が定める無線LAN規格「IEEE 802.11」を基に、業界団体Wi-Fi Allianceが定めた製品認証プログラムおよびその仕様のことだ。IEEE 802.11は、無線LANに接続するデバイス(無線LANクライアント)のデータ伝送方法を規定する。Wi-Fi認定済みの無線LAN製品は、従業員がホームネットワークで最初に導入すべき製品の代表例だ。

基礎用語15.WAN

 「WAN」(ワイドエリアネットワーク)の役割は「LAN」(ローカルエリアネットワーク)と似ている。WANは地理的に分散した多様なLANを接続して、大規模なネットワークを構成する。企業にとっては、WANを利用すれば、本社と別の支社などの施設を結んで、全従業員に社内のシステムやデータを利用する手段を提供できる。VPNは、テレワーク中の授業員をその組織のWANへと安全に接続させることが可能だ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...