2020年07月26日 08時30分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「レイテンシ」「LAN」「モデム」「ネットワーキング」とは?初心者のためのホームネットワーク15大基礎用語【第2回】

在宅勤務などのテレワークを快適にするためには、適切なホームネットワークの構築が不可欠だ。そのための基礎知識として、ホームネットワークの基本的な用語を整理しておこう。

[Michaela Goss,TechTarget]

関連キーワード

ネットワーク


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を受けて、在宅勤務などのテレワークが広がる中、重要性が高まっているのがホームネットワーク(家庭内ネットワーク)だ。ホームネットワークに関する15個の基礎用語を紹介する本連載。3つの基礎用語を紹介した第1回「『帯域幅』『AP』『イーサネット』とは? 在宅勤務ネットワークの必修用語」に続き、4つの基礎用語を説明する。

基礎用語4.レイテンシ

 「レイテンシ」は、データ伝送の要求を出してから、実際にデータが届くまでの遅延時間の意味で使われる。低レイテンシのネットワークは、データ伝送の単位である「パケット」が1つのネットワーク地点から別のネットワーク地点へ移動するまでの時間が短い。高レイテンシのネットワークはデータの読み込みに時間がかかり、動画や音声のストリーミング配信時にリアルタイム性が損なわれる。

基礎用語5.LAN

 「LAN」(ローカルエリアネットワーク)は、地理的に限られた範囲内にあるクライアントデバイスが、データ伝送に利用するネットワークだ。LANは社内ネットワークを指す場合も、ホームネットワークを指す場合もある。LANを構成する基本的なネットワーク機器には「ルーター」と「スイッチ」があり、「イーサネット」準拠の有線LANか無線LANでデータ伝送を実現する。

基礎用語6.モデム

 「モデム」はアナログ信号を受信して、それをクライアントデバイスが理解できるデジタル信号に変換したり、その逆の処理をしたりする。モデムはホームネットワークとインターネットサービスプロバイダー(ISP)網を接続し、インターネットを利用できる状態にする。ホームネットワークによっては、モデムと「ルーター」の機能を組み合わせたネットワークデバイスを使うこともある。

基礎用語7.ネットワーキング

 「ネットワーキング」は、ネットワーク内でデータを送受信する「ネットワークノード」間のデータ伝送を可能にすることだ。ホームネットワークからグローバル企業の社内ネットワークに至るまで、ネットワーキングはネットワークノード間でのデータの共有を実現する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...