2021年12月11日 10時30分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「Ruby」の真実 何に役立つのか?Rubyを知る【前編】

「Ruby」はWebアプリケーション開発で広く用いられているプログラミング言語だ。どのような特徴があるのか。概要を解説する。

[Kerry Doyle,TechTarget]

 プログラミング言語「Ruby」は1995年の公開以来、Webアプリケーション開発やサーバ管理に広く使われている。RubyのWebアプリケーション開発用フレームワーク(特定用途のためのプログラム部品群)である「Ruby on Rails」は、初心者から熟練者まで、さまざまなレベルの開発者に役立つ機能を提供する。Rubyには大規模なコミュニティーがあり、多様な業種のソフトウェア開発を支えている。

 本連載はRubyの概要、長所と短点を前中後編にわたり説明する。

いまさら聞けない、意外に幅広い「Ruby」の用途

 Rubyは「Perl」「Smalltalk」「Lisp」といったプログラミング言語から影響を受けている。開発者はRubyをサーバサイドプログラミングに利用して、他のプログラミング言語で開発したアプリケーションを強化したり、アプリケーションにRubyを組み込んでスクリプト言語(簡易的なプログラミング言語)として使用したりできる。

 開発者はRubyを使うことで、

  • コンピュータへのコマンドを解釈する「シェル」用のスクリプト
  • ラッパー(アプリケーションが本来と異なる動作環境で動くようにするためのプログラム)
  • CLI(コマンドラインインタフェース)
  • CGI(コモンゲートウェイインタフェース)

を開発できる。Rubyは「オブジェクト指向プログラミング」を採用している。オブジェクト指向プログラミングは、データとメソッド(データの操作)をまとめた「オブジェクト」をプログラムの基本要素とするプログラミング手法だ。Rubyはシンプルな変数命名規則を採用する。数値、文字列、配列、クラス、モジュールなどの値を保持するもの全てをオブジェクトと見なすこともRubyの特徴だ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news045.jpg

マーケティングDXをけん引するリーダーの役割
デジタルツールとデータを活用することで優れた顧客体験を提供するマーケティングDXの推...

news038.jpg

コロナ禍で変化した採用トレンドとこれからの採用メディア戦略
デジタルシフトで新卒採用の在り方が変化しています。企業と接触するタイミングが早まり...

news013.jpg

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2022年7月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。