プログラミング言語「Go」は熱心な開発者ほど学習しにくい? その理由とは「Go」を生かしたネットワーク運用管理【中編】

エンジニアがプログラミング言語「Go」を学ぶ上での難しさとは何か。Goを用いたログ取得、分析の課題とは。専門家に聞いた。

2021年06月25日 05時00分 公開
[Jennifer EnglishTechTarget]

関連キーワード

ログ管理 | 運用管理 | プログラミング


 前編「プログラミング言語『Go』の魅力とは? 『Goで“脱COBOL”』の成功者が語る」は、Barracuda Networksでシニアソフトウェアエンジニアを務めるアダム・ウッドベック氏が考える、プログラミング言語「Go」のメリットを説明した。中編はGoを習得する上でのハードルと、ログ収集の課題および解決策をウッドベック氏に聞く。

「Go」の習得を難しくする“あのハードル”

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...