いまさら聞けない「コンパイル言語」の基礎 メリットとデメリットは?「コンパイル言語」と「インタープリタ言語」の違い【前編】

プログラミング言語を「コンパイル言語」「インタープリタ言語」に分けて整理することがある。両者は何が違うのか。まずはコンパイル言語の特徴やメリット、デメリットを説明する。

2021年06月03日 05時00分 公開
[Cameron McKenzieTechTarget]

 「コンパイル」は、プログラムのもととなるソースコードをプログラムに変換する処理のことだ。プログラムを実行するために、事前のコンパイルを必要とするプログラミング言語を「コンパイル言語」と呼ぶ。コンパイルをせず、ソースコードを逐次解釈しながら実行するプログラミング言語を「インタープリタ言語」という。

 具体的なプログラミング言語を挙げながら、それぞれの特徴を解説しよう。

コンパイル言語の基礎知識 具体例とメリット、デメリット

ITmedia マーケティング新着記事

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...

news182.jpg

中小企業のマーケティングDX 取り組みが進まない理由は?
トライベックの2024年最新版「中小企業DX実態調査」の結果、さまざまな課題が浮き彫りに...