2021年06月03日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「コンパイル言語」の基礎 メリットとデメリットは?「コンパイル言語」と「インタープリタ言語」の違い【前編】

プログラミング言語を「コンパイル言語」「インタープリタ言語」に分けて整理することがある。両者は何が違うのか。まずはコンパイル言語の特徴やメリット、デメリットを説明する。

[Cameron McKenzie,TechTarget]

 「コンパイル」は、プログラムのもととなるソースコードをプログラムに変換する処理のことだ。プログラムを実行するために、事前のコンパイルを必要とするプログラミング言語を「コンパイル言語」と呼ぶ。コンパイルをせず、ソースコードを逐次解釈しながら実行するプログラミング言語を「インタープリタ言語」という。

 具体的なプログラミング言語を挙げながら、それぞれの特徴を解説しよう。

コンパイル言語の基礎知識 具体例とメリット、デメリット

ITmedia マーケティング新着記事

news129.jpg

InstagramなどSNS向けクリエイティブをディスプレイ広告に変換 「Nova」を使う意義と効果は?
インティメート・マージャーはソーシャルディスプレイ広告の作成・配信ツール「Nova」の...

news034.jpg

2022年のWeb解析 「GA4」の本格普及でマーケターに求められるスキルセットとは?
マーケティングリーダーが押さえておくべきデジタルテクノロジーのトレンドをエキスパー...

news023.jpg

「SDGsやってます」アピールが広告代理店にこそ必要な理由
広告代理店は広告主の持続可能性対策の伝達に精通している。だが、自社についてはどうか...