2019年02月15日 05時00分 公開
特集/連載

最初に学ぶのに最適なプログラミング言語が存在しない理由文法の習得に終始していないか?

開発者が最初に学ぶのに最適なプログラミング言語はJavaだという意見がある。だが本当にそうだろうか。どの言語でも構成要素はほぼ変わらない。

[Bob Reselman,TechTarget]

関連キーワード

教育 | プログラマー | プログラミング


画像 プログラミングを学び始めるのに最適な言語については盛んに議論が交わされている

 プログラミング言語の入門としてJavaを教える価値について、企業向けのJava専門Webメディア「TheServerSide」が2018年11月に記事として取り上げた。その記事では、機能、複雑性、他のプログラミング言語との比較という点からJavaをうまく分析していた。

編集注:TheServerSideは本記事の原文を掲載している。

 その記事は読み物として優れており、お薦めできる。だが「最初に学ぶのに最適なプログラミング言語が存在する」という、その記事の前提には議論の余地がある。プログラミングに不可欠な要素はどの言語でも変わらない。そのため、どの言語を最初に学ぶかは問題ではないというのが本稿の見解だ。

 見方を変えてみよう。生まれたばかりの子どもが最初に学ぶ言語は重要だろうか。中国語や英語を学ぶのが適切なのだろうか。アラビア語やスウェーデン語では駄目なのか。実際には、子どもが最初に学ぶ言語は決まっていない。言語を学ぶことは人間の進化の一部だ。本当に気にすべき問題は、子どもがその言語を習得できるかどうかだ。

言語の仕組み

 大まかに言えば、名詞、動詞、副詞、接続詞など、言語を構成する要素はどの言語でも変わらない。言語の違いは、語句の発音、文法、語法に現れる。「人間は生まれつき言語を習得する能力を備えている」と主張する言語学者さえいる。

 プログラミング言語についても同じことが言える。大まかに言えば、変数、演算子、ステートメント、構造体など、プログラミング言語を構成する要素はどのプログラミング言語でも変わらない。もちろん、スレッド処理など、特殊なテクノロジーを扱うための機能を持つプログラミング言語もある。だが構成要素のレベルでは、「最初に学ぶのに最適なプログラミング言語」の候補になる言語はどれも驚くほど似ている。If-then-elseステートメントには条件が必要だ。ループには何らかの反復メカニズム、演算子には作用(計算結果)が伴う。納得していただけるだろうか。

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。