2016年04月15日 08時00分 UPDATE
特集/連載

AppleとIBMの提携で実現したクラウド開発環境Appleの開発言語「Swift」は「素晴らしい!」、IBM担当者が感動した理由は

IBMとAppleの提携により、クラウド開発プラットフォーム「Bluemix」でAppleのプログラミング言語「Swift」を利用できるようになった。提携の経緯や「Watson」との連係などを紹介する。

[Ramin Edmond,TechTarget]
tn_tt_bluemix.jpg Bluemixの公式Webページ《クリックで拡大》

 IBMがAppleのプログラミング言語「Swift」に目を付けたのは、フロントエンドとバックエンドの両方で、優れた性能を発揮するエンタープライズアプリの構築を支援できるという理由だった。

 AppleとIBMはまず2014年にエンタープライズ向けにモバイルOS「iOS」対応アプリ100本を開発する提携を結んだ。IBMは2016年に入り、クラウド開発プラットフォーム「Bluemix」でSwiftを利用できるようにした。このパワフルなSwiftがオープンソース化されてLinuxにも対応した今、Swiftは特にサーバサイドアプリの開発に役立つものになった、とIBMのエンタープライズモバイル担当副社長、フィル・バッケリュー氏は話す。

 IBMとAppleとの提携について、そしてiOSアプリと人工知能サービス「IBM Watson」の連係と今後の展開について、バッケリュー氏に話を聞いた。

――IBMの総合的な戦略におけるモバイルの重要性とは

ITmedia マーケティング新着記事

news025.jpg

Criteo、Facebook、Googleショッピング広告が人気――フィードフォース「データフィード利用状況調査2019」
データフィードを活用している企業が利用する人気の媒体(フィード送信先)やその推移、...

news017.jpg

「アドネットワーク」と「プログラマティック広告」が混同されていないか
マーケターがブランドの価値を守りながら広告戦略を多様化させていくために必要なことと...

news017.jpg

消費財メーカーを悩ませる「店舗」という大問題、SaaSならどう解決できる?
小売業が激動する時代の消費財メーカーにSaaSができることは何か。Salesforceの新製品「C...