iOS提携を組んだAppleとIBMが提供する“App Storeでは見つからないアプリ”とは?2015年、加速するデータセンター関連企業の再編(後編)

2015年、サーバ企業とストレージ企業の大規模な合併と買収が行われる年になると予測する専門家がいる。大手ベンダーである米IBMや米Apple、新興企業である米Violin Memoryなどの動向、注目製品を紹介する。

2015年03月24日 15時00分 公開
[TechTarget]

 データセンター向けハードウェア、ソフトウェア、サービス市場のベンダーの格付けは絶えず変化している。米ボストンの451 Researchによる「Technology M&A Outlook Report」(テクノロジー分野のM&A展望リポート)では、2014年はテクノロジー分野の合併と買収の総額が4390億ドルに達したが、2015年もその勢いが衰えることはないと予想している。

 前編「データセンター向け製品ベンダーガイド、2015年に合併/買収する企業は?」に続き、専門家が注目しているデータセンター向け製品と企業を紹介する。ベンダーのロードマップを知りたい場合も、ビッグデータがもたらすボトルネックを解決するための新しいテクノロジーを探している場合も参考にされたい。米TechTargetのアナリスト、メインフレームの専門家、Linuxのトレーナーなどのプロフェッショナルが、お勧めする注目すべき企業である。

IBMのロードマップで明らかになった重要な次のステップ

 米IBMには期待していないという人もいるが、同社が絶望から立ち上がって革新を巻き起こすなら、今後数年は非常に面白くなるだろう。

ITmedia マーケティング新着記事

news066.jpg

AIが検出したZ世代のコミュニケーション特性――コグニティ調査
商談や打ち合わせといったビジネスコミュニケーションにおいて、Z世代は他の世代と比較し...

news155.png

インバウンド事業者向けに動画で多言語コンテンツ ベーシックが制作支援サービスを提供開始
ベーシックとこんにちハローは、インバウンド需要向けのコンテンツ制作支援を目的とした...

news164.jpg

AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結...