2014年11月07日 08時00分 公開
特集/連載

iPhoneアプリ開発の初心者に最適、Appleの新言語「Swift」が魅力的な理由「Objective-C」よりも“超”簡単なプログラミング言語

米Appleの「Swift」は親しみやすく使いやすいプログラミング言語だ。アプリケーション開発に起こりつつある変革の象徴で、特にモバイル開発の分野でチャネルパートナーを触発している。

[John Moore,TechTarget]

 米Appleのモバイル開発を手掛けているチャネルパートナーは、Appleの「iOS」と「OS X」向けのAppleのプログラミング言語「Swift」の検証を始めている。

 AppleがSwiftを発表したのは、2014年6月に開催された同社の年次カンファレンス「Worldwide Developers Conference」だ。これまでiOS、OS Xアプリの主要な開発言語は「Objective-C」だった。Swiftの登場はObjective-C依存からの脱却を意味する。Swiftは使いやすいスクリプティング言語に倣っている。そのため、ネイティブモバイルアプリ開発の門戸が広範囲の開発者に開かれることが期待される。

プログラミング初心者に使いやすい“Swift”

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...