2014年11月07日 08時00分 公開
特集/連載

iPhoneアプリ開発の初心者に最適、Appleの新言語「Swift」が魅力的な理由「Objective-C」よりも“超”簡単なプログラミング言語

米Appleの「Swift」は親しみやすく使いやすいプログラミング言語だ。アプリケーション開発に起こりつつある変革の象徴で、特にモバイル開発の分野でチャネルパートナーを触発している。

[John Moore,TechTarget]

 米Appleのモバイル開発を手掛けているチャネルパートナーは、Appleの「iOS」と「OS X」向けのAppleのプログラミング言語「Swift」の検証を始めている。

 AppleがSwiftを発表したのは、2014年6月に開催された同社の年次カンファレンス「Worldwide Developers Conference」だ。これまでiOS、OS Xアプリの主要な開発言語は「Objective-C」だった。Swiftの登場はObjective-C依存からの脱却を意味する。Swiftは使いやすいスクリプティング言語に倣っている。そのため、ネイティブモバイルアプリ開発の門戸が広範囲の開発者に開かれることが期待される。

プログラミング初心者に使いやすい“Swift”

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。

news137.jpg

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

news143.jpg

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...