Appleの開発言語「Swift」の人気が急上昇している理由MacやiOSだけでなくWindows、Linuxのアプリ開発も可能

2015年12月にオープンソース化し、人気も上昇中のAppleの開発言語「Swift」。Objective-Cと比較しながら、その理由について探る。

2016年03月16日 08時00分 公開
[Ramin EdmondTechTarget]
Swiftの公式Webページ《クリックで拡大》

 開発者の間でAppleの新しい開発言語「Swift」の人気が上昇している。その理由は主に使いやすさにある。

 Appleは1980年代以来、「Objective-C」が同社の開発言語の中心だった。2014年6月にObjective-Cに代わる言語としてSwiftを公開した。Swiftは、AppleのOS「iOS」「OS X」「tvOS」「Watch OS」用のアプリケーション開発に利用できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...