WindowsとiPhone、Androidのアプリを一度に開発、MicrosoftがXamarinを買収した“深い意味”買収を喜ぶ声は多いが

Windowsはアプリケーション開発のエコシステムで他のOSに大きく後れを取っている。だが、アプリケーション開発ツール「Xamarin」が活性化の起爆剤となるかもしれない。

2016年03月09日 12時00分 公開
[Ramin EdmondTechTarget]
Microsoftに加わることが記されたXamarinのWebサイト《クリックで拡大》

 Microsoftによるアプリケーション開発ツール「Xamarin」の買収は、企業の開発者にWindowsアプリケーションを開発する新しい動機を与えることになる。

 Microsoftは同社の開発ツールキット「Visual Studio」にXamarinを統合するものとみられている。マルチプラットフォーム開発ツールであるXamarinの統合で、サードパーティーによるWindowsアプリ開発の増加が期待できる。Appleの「iOS」、Googleの「Android」アプリと比べ、Windowsアプリの開発はずっと少なかった。そう話すのは、Directions on Microsoftのリサーチアナリスト、ウェス・ミラー氏だ。

 「これまでのMicrosoftの大きな課題は、開発者の目をWindowsに向けてもらうことだった」とミラー氏は語る。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...