2015年08月27日 12時00分 公開
特集/連載

モバイルアプリ開発、“しくじる”企業が見落とす3つの基本要素モバイルアプリの需要は今後ますます拡大(1/2 ページ)

モバイルアプリケーションの浸透に伴い、企業は全社共通のアプリケーション開発ツールを使った戦略の策定を迫られている。そのためには少なくとも3つの基本要素が必要だ。

[Marty Resnick,TechTarget]
マルチデバイス対応企業システムの構成例(TechTargetジャパン記事「HTML5? それともネイティブ? スマホ業務アプリの作り方4種を徹底比較」から)《クリックで拡大》

 モバイルアプリケーションの拡充を求めるユーザーの要望に応えるためには、企業はモバイルアプリケーション戦略を策定する必要がある。ただしそうした戦略には、会社に本当に価値をもたらすアプリケーションを含めることが重要だ。

 企業におけるモバイル戦略の重点は変化してきた。最近までは、モバイル端末を管理し、ユーザーがメールやカレンダー、連絡先に容易にアクセスできるようにすることに重きが置かれてきたが、モバイルアプリケーションを導入(あるいは開発)する必要性については疑問視する企業が多く、様子見を決め込む企業も少なくなかった。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...