2014年11月27日 08時00分 公開
特集/連載

社内モバイルアプリ開発「NG集」から学べること米Forresterのアナリストが解説

米Forresterのアナリストが、社内用モバイルアプリの開発に関する注意事項を説明する。よくある間違いは、デスクトップ用に作ったアプリケーションを単純に縮小してモバイルデバイスに当てはめるケースだ。

[Jeffrey Hammond,TechTarget]

 米Forresterのアナリスト、ジェフリー・ハモンド氏が、社内用モバイルアプリの開発に関する注意事項を説明する。

 まず、モバイルアプリをWebブラウザやデスクトップPCで使用しているアプリケーションの代替品と考えてはいけない。あくまでもモバイルデバイスやタブレットのために設計された社内用アプリという点を重視する必要がある。第1世代のエンタープライズアプリの中には、既存のアプリケーションを単純に縮小して、モバイルデバイスやタブレットに詰め込まれたものが少なくない。その操作性はお世辞にも最適とはいえない。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

SDGsの取り組みが認知されると、生活者の7割が行動を起こす――電通PR調査
SDGsの認知率は約4割。前年比15.6ポイント増と大きく伸長しています。今企業が取るべきア...

news162.jpg

「中古品の購入・使用への抵抗感」が増加 コロナ禍の影響か――メルカリ調査
メルカリによる定点調査。利用者が増え続けるフリマアプリですが、コロナ禍の消費者心理...

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?(無料eBook)
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...