2014年11月07日 12時00分 公開
特集/連載

会社用「App Store」「Google Play」をどう作る? モバイルアプリ配布のコツ失敗しないための4つのチェックポイント

企業内アプリストアは従業員にモバイルアプリへのアクセスを提供するための仕組みだ。これをうまく構築するためには、管理のしやすさやライセンス、クロスプラットフォーム対応などを考慮する必要がある。

[Brien Posey,TechTarget]

 モバイルユーザー向けに企業内アプリストアを構築したいのであれば、プラットフォームを購入し、自社のニーズに合わせて構成設定する作業が必要となる。

 企業内アプリストアがあれば、従業員は一般消費者向けのモバイルアプリストアと同様の方法で、アプリのダウンロードやインストールを実行できる。ただし、企業版のアプリストアは単なるポータルではない。エンドユーザーにアプリを配信するために、バックエンドでは複雑なシステムが稼働している。

 企業内アプリストア用のソフトウェアやクラウドを用いた同様のサービスを提供しているベンダーは数多く存在し、それぞれが独自の手法でアプリを配布している。そのため、バックエンドの配信メカニズムに関しては、製品間に一貫性はあまりない。

ID管理

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...