2015年08月12日 08時00分 UPDATE
特集/連載

アプリの開発を迅速化する一方で制約もiPhone、Androidに対応したけれど……、社内スマホアプリ開発の “意外な盲点” (1/2)

「モバイルアプリケーション開発プラットフォーム(MADP)」は、アプリ構築を容易にする再利用可能なコードとクロスプラットフォーム機能を提供する。ベンダーロックインやOS標準による制限といったマイナス面もある。

[Eddie Lockhart,TechTarget]
画像 米Adobe systemsのMADPの中核を担う「Adobe Experience Manager Apps」

 企業に持ち込まれるモバイルプラットフォームは多種多様になってきている。IT部門は今、新しいコードの開発やアプリの構築に費やす時間やコストを無駄にすることなく、複数のOSで動作するモバイルアプリを作成する方法を必要としている。 

「モバイルアプリケーション開発プラットフォーム(MADP)」は、ビジネス用モバイルアプリに関するそうした課題を解決することができる。アプリ開発者は、再利用可能なコードやテンプレートを使用することでアプリケーションの開発プロセスを容易にすることができる。その一方で、カスタマイズ性に関する制限やベンダーロックインに対する懸念もある。

MADPとは何か、何ができるか

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news126.jpg

freee 田中 圭氏が始めるコミュニティー、実現までの長い道のりについて聞く
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news114.jpg

データの裏側にある人の感情と向き合う――IKEUCHI ORGANIC牟田口 武志氏
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news030.jpg

「市ケ谷」「千駄ケ谷」「阿佐ケ谷」 謎のポスターの認知率は約6割――LINE調査
2019年6月にJR中央線の幾つかの駅で掲示された不思議なポスターの認知率を調査した結果。