モバイルアプリ開発はドラッグ&ドロップでサクサク、「MADP」の魅力を語る開発のスピードアップとコスト削減を両立

モバイルアプリケーションの開発には費用が掛かりがちだ。モバイルアプリケーション開発プラットフォーム(MADP)を使えば、開発に必要な要素を全て1カ所でそろえられ、開発の負担を軽減できる。

2015年08月04日 12時00分 公開
[Robert SheldonTechTarget]
画像 米Adobe systemsのMADPの中核を担う「Adobe Experience Manager Apps」《クリックで拡大》

 企業が生産性を確保するためには、ある程度の数のアプリケーションが必要だ。だが、そうしたアプリケーションを全て開発するのは、複雑で費用の掛かる仕事になりかねない。

 「モバイルアプリケーション開発プラットフォーム(MADP)」を使えば、企業はアプリケーション開発のスピードを加速させ、作業を合理化する一方でコストを最小限に抑え、リスクを軽減できる。

MADPを使えばアプリケーション開発が容易に

ITmedia マーケティング新着記事

news080.jpg

DIORが本気で挑むラグジュアリー体験としてのAR
広告プラットフォームのTeadsがAR(拡張現実)とAI(人工知能)技術を応用したサービスを...

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...