2015年08月04日 12時00分 公開
特集/連載

モバイルアプリ開発はドラッグ&ドロップでサクサク、「MADP」の魅力を語る開発のスピードアップとコスト削減を両立

モバイルアプリケーションの開発には費用が掛かりがちだ。モバイルアプリケーション開発プラットフォーム(MADP)を使えば、開発に必要な要素を全て1カ所でそろえられ、開発の負担を軽減できる。

[Robert Sheldon,TechTarget]
画像 米Adobe systemsのMADPの中核を担う「Adobe Experience Manager Apps」《クリックで拡大》

 企業が生産性を確保するためには、ある程度の数のアプリケーションが必要だ。だが、そうしたアプリケーションを全て開発するのは、複雑で費用の掛かる仕事になりかねない。

 「モバイルアプリケーション開発プラットフォーム(MADP)」を使えば、企業はアプリケーション開発のスピードを加速させ、作業を合理化する一方でコストを最小限に抑え、リスクを軽減できる。

MADPを使えばアプリケーション開発が容易に

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...