2015年08月04日 12時00分 公開
特集/連載

モバイルアプリ開発はドラッグ&ドロップでサクサク、「MADP」の魅力を語る開発のスピードアップとコスト削減を両立

モバイルアプリケーションの開発には費用が掛かりがちだ。モバイルアプリケーション開発プラットフォーム(MADP)を使えば、開発に必要な要素を全て1カ所でそろえられ、開発の負担を軽減できる。

[Robert Sheldon,TechTarget]
画像 米Adobe systemsのMADPの中核を担う「Adobe Experience Manager Apps」《クリックで拡大》

 企業が生産性を確保するためには、ある程度の数のアプリケーションが必要だ。だが、そうしたアプリケーションを全て開発するのは、複雑で費用の掛かる仕事になりかねない。

 「モバイルアプリケーション開発プラットフォーム(MADP)」を使えば、企業はアプリケーション開発のスピードを加速させ、作業を合理化する一方でコストを最小限に抑え、リスクを軽減できる。

MADPを使えばアプリケーション開発が容易に

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...