2015年08月04日 12時00分 公開
特集/連載

モバイルアプリ開発はドラッグ&ドロップでサクサク、「MADP」の魅力を語る開発のスピードアップとコスト削減を両立

モバイルアプリケーションの開発には費用が掛かりがちだ。モバイルアプリケーション開発プラットフォーム(MADP)を使えば、開発に必要な要素を全て1カ所でそろえられ、開発の負担を軽減できる。

[Robert Sheldon,TechTarget]
画像 米Adobe systemsのMADPの中核を担う「Adobe Experience Manager Apps」《クリックで拡大》

 企業が生産性を確保するためには、ある程度の数のアプリケーションが必要だ。だが、そうしたアプリケーションを全て開発するのは、複雑で費用の掛かる仕事になりかねない。

 「モバイルアプリケーション開発プラットフォーム(MADP)」を使えば、企業はアプリケーション開発のスピードを加速させ、作業を合理化する一方でコストを最小限に抑え、リスクを軽減できる。

MADPを使えばアプリケーション開発が容易に

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...