2015年08月04日 12時00分 公開
特集/連載

モバイルアプリ開発はドラッグ&ドロップでサクサク、「MADP」の魅力を語る開発のスピードアップとコスト削減を両立

モバイルアプリケーションの開発には費用が掛かりがちだ。モバイルアプリケーション開発プラットフォーム(MADP)を使えば、開発に必要な要素を全て1カ所でそろえられ、開発の負担を軽減できる。

[Robert Sheldon,TechTarget]
画像 米Adobe systemsのMADPの中核を担う「Adobe Experience Manager Apps」《クリックで拡大》

 企業が生産性を確保するためには、ある程度の数のアプリケーションが必要だ。だが、そうしたアプリケーションを全て開発するのは、複雑で費用の掛かる仕事になりかねない。

 「モバイルアプリケーション開発プラットフォーム(MADP)」を使えば、企業はアプリケーション開発のスピードを加速させ、作業を合理化する一方でコストを最小限に抑え、リスクを軽減できる。

MADPを使えばアプリケーション開発が容易に

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...