モバイルアプリを社内開発してみない? 失敗を避けるための4つのポイント社内アプリの開発、配布、監視の手法とは

モバイルアプリ開発は、十分に練られた計画があって、はじめて最良の結果が得られる。アプリケーションの開発と配布のプロセスを最適化する方法を紹介する。

2015年04月08日 12時00分 公開
[Bryan BarringerTechTarget]

 モバイル技術による新たなビジネスの変革や創出を求める企業経営者が、モバイルアプリケーションを開発してすぐにも成果を得たいと焦る気持ちは分からなくもない。だが、社内でのアプリ開発は長く険しい、そして多くの場合において費用の掛かるプロセスである。その道のりを進める前に、企業はアプリ配布までの一連の明確な道筋を描く必要がある。

 しっかりとした開発戦略を準備できれば、従業員の生産性を向上させるアプリと、優れたモバイルエクスペリエンスを実現する幾つかの方法が見えてくる。本稿では、そうした社内アプリケーションの開発、配布、監視の手法について考察する。

開発プロセスの標準化

ITmedia マーケティング新着記事

news080.jpg

DIORが本気で挑むラグジュアリー体験としてのAR
広告プラットフォームのTeadsがAR(拡張現実)とAI(人工知能)技術を応用したサービスを...

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...