「Surface 2」は視界良好? デルタ航空が大量導入コックピットのペーパーレス化を推進

米Delta Airlinesでは、2013年9月末に発表されたばかりの「Surface 2」を大量導入することを決めた。同社パイロット1万1000人に同端末を支給し、コックピットのペーパーレス化を進める。

2013年10月15日 08時00分 公開
[Jennifer Scott,Computer Weekly]

 米国航空会社の米Delta Airlinesでは、同社パイロット(操縦士)1万1000人に米Microsoftの新型タブレットPCSurface 2」を支給し、コックピット(旅客機の操縦室)のペーパーレス化を進めている。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...