2013年05月24日 08時00分 UPDATE
特集/連載

2キロ/10キロのマニュアルが700グラムにANAのCA/パイロットを身軽にした「8500台の空飛ぶiPad」

全日本空輸(ANA)は8500台のiPadを導入。客室乗務員やパイロットの業務効率向上に生かしている。iPad導入の経緯や導入効果について、同社担当者に聞いた。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 全ての客室乗務員(CA)とパイロットにiPadを配布した全日本空輸(ANA)。配布総数8500台に及ぶiPad導入プロジェクトは、どういった経緯で進んだのか。iPad導入で得た具体的な効果とは。2013年5月に開催したIT総合イベント「スマートフォン&モバイル EXPO春 2013」で講演した、ANAの業務プロセス改革室 イノベーション推進部の林 剛史氏の話を基に明らかにする。

iPad導入の経緯:業務改革のツールとして導入

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。