2013年05月24日 08時00分 公開
特集/連載

ANAのCA/パイロットを身軽にした「8500台の空飛ぶiPad」2キロ/10キロのマニュアルが700グラムに

全日本空輸(ANA)は8500台のiPadを導入。客室乗務員やパイロットの業務効率向上に生かしている。iPad導入の経緯や導入効果について、同社担当者に聞いた。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 全ての客室乗務員(CA)とパイロットにiPadを配布した全日本空輸(ANA)。配布総数8500台に及ぶiPad導入プロジェクトは、どういった経緯で進んだのか。iPad導入で得た具体的な効果とは。2013年5月に開催したIT総合イベント「スマートフォン&モバイル EXPO春 2013」で講演した、ANAの業務プロセス改革室 イノベーション推進部の林 剛史氏の話を基に明らかにする。

iPad導入の経緯:業務改革のツールとして導入

ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

NECが取り組む営業のデジタルシフト 「会えば何かが起こる」から「先に課題を提示できる」営業へ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴い企業活動の在り方も大きな変更を迫られ...

news137.jpg

「メディアの伝えることの信頼性が気になった」65.1%――博報堂DYメディアパートナーズ調査
「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」の結果から見えてきた3つのこととは。

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...