2012年07月30日 08時00分 UPDATE
特集/連載

業務アプリは優勢、焦点は管理方法と価格SurfaceがiPadに勝つための2つの条件

「打倒iPad」を目指し、米Microsoftが満を持して放つタブレット「Surface」。業務用タブレットのスタンダードとしての地位をiPadから奪うために、Surfaceが満たすべき条件とは?

[Colin Steele,TechTarget]

 米Microsoftの新しいタブレット端末「Surface」。Microsoftが自社で開発・販売し、Windows 8搭載モデルとWindows RT(ARM版のWindows 8)搭載モデルの2種類で展開されることが明らかになっている。だがエンタープライズ市場での運命を握る2大要素である、管理方法と価格については公表されていない。

 エンタープライズ市場では、米Appleのタブレット「iPad」がコンシューマー向けタブレットでありながら既に熱い注目を浴びている。Microsoftは、Surfaceを武器にこのiPadのシェアに食い込む腹づもりだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

「InstagramよりTwitter」「脱毛に関心」他、男子大学生の実態――SHIBUYA109エンタテイメント調べ
同じ大学生でも意識や行動において男女の差は意外と大きなものがあるようです。

news113.jpg

恵方巻の予約購入派は35%、企業側は70%以上が予約販売を実施――ONE COMPATH調べ
恵方巻とフードシェアリングサービスに関する意識調査です。

news087.jpg

「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの連携は日本のプログラマティック広告をどう変えるか
「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの購買データが連携し、プログラマティック広告配信に...