2015年06月28日 09時00分 UPDATE
特集/連載

iOS、Androidとどう戦う?「Windows 10 Mobile」でスマホOSの地殻変動が起きるこれだけの理由 (1/2)

「Windows Phone」の後続として、2015年秋にリリースが予定される「Windows 10 Mobile」。これによって、企業はようやくWindows搭載スマートフォンの採用に動くだろう。

[Bryan Barringer,TechTarget]
tt_aa_kaigai.jpg 2015年7月29日リリース予定のWindows 10(MicrosoftのWebサイトより)《クリックで拡大》

 米Microsoftの「Windows 10」はシームレスなマルチデバイスプラットフォームを売りにしている。これによって、企業はようやくWindows搭載スマートフォンの採用に向けて動く可能性が出てきた。少なくともMicrosoftはそう見込んでいる。

 タイミング的には申し分ない。ノートPCなど多くのコンピュータデバイスの寿命は近づいており、企業は従業員がリモートで生産性を向上できる最新テクノロジーを求めている。Microsoftは企業のデスクトップPC分野ではトップに君臨している。Windows 10とそのモバイル版の「Windows 10 Mobile」でユニバーサルWindowsアプリなどの機能をとことん追求できれば、企業のIT部門にとってWindows 10 Mobileが最適なモバイルOSになる可能性がある。

 Microsoftの「Windows Phone」の後続であるWindows 10 Mobileは、2015年9月または10月にリリースが予定されている。また、8インチ未満のスマートフォンとタブレットではWindows 10 Mobileの最新OSを無料でダウンロードできる。

従業員が理解しているWindows

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。