「Windows 10スマホ」がiPhone、Androidより売れるただ1つの条件「3番手からは抜け出せない」との声も

次期Windowsの「Windows 10」は、クライアントPCだけでなくスマートフォンへの搭載も見込まれる。このことは、米Microsoftがスマートフォン市場の覇権を握る原動力となるのだろうか。

2014年10月29日 08時00分 公開
[Diana Hwang,TechTarget]

 米Microsoftの次期OS「Windows 10」は、今までモバイル専用OS「Windows Phone」が担ってきたスマートフォンへの搭載が予想されている。このことは、IT部門とユーザーがWindowsエコシステムに投資する十分な理由となるのだろうか。

 Windows 10が稼働するスマートフォンであれば、企業のIT部門は簡単に管理できるだろう。だが米Appleの「iOS」や米Googleの「Android」ユーザーをWindows 10スマートフォンへ乗り替えさせるには、必要な条件がある。

Windowsとの親和性が鍵

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...