2014年10月29日 08時00分 公開
特集/連載

「Windows 10スマホ」がiPhone、Androidより売れるただ1つの条件「3番手からは抜け出せない」との声も

次期Windowsの「Windows 10」は、クライアントPCだけでなくスマートフォンへの搭載も見込まれる。このことは、米Microsoftがスマートフォン市場の覇権を握る原動力となるのだろうか。

[Diana Hwang,TechTarget]

 米Microsoftの次期OS「Windows 10」は、今までモバイル専用OS「Windows Phone」が担ってきたスマートフォンへの搭載が予想されている。このことは、IT部門とユーザーがWindowsエコシステムに投資する十分な理由となるのだろうか。

 Windows 10が稼働するスマートフォンであれば、企業のIT部門は簡単に管理できるだろう。だが米Appleの「iOS」や米Googleの「Android」ユーザーをWindows 10スマートフォンへ乗り替えさせるには、必要な条件がある。

Windowsとの親和性が鍵

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。