2014年10月29日 08時00分 公開
特集/連載

「Windows 10スマホ」がiPhone、Androidより売れるただ1つの条件「3番手からは抜け出せない」との声も

次期Windowsの「Windows 10」は、クライアントPCだけでなくスマートフォンへの搭載も見込まれる。このことは、米Microsoftがスマートフォン市場の覇権を握る原動力となるのだろうか。

[Diana Hwang,TechTarget]

 米Microsoftの次期OS「Windows 10」は、今までモバイル専用OS「Windows Phone」が担ってきたスマートフォンへの搭載が予想されている。このことは、IT部門とユーザーがWindowsエコシステムに投資する十分な理由となるのだろうか。

 Windows 10が稼働するスマートフォンであれば、企業のIT部門は簡単に管理できるだろう。だが米Appleの「iOS」や米Googleの「Android」ユーザーをWindows 10スマートフォンへ乗り替えさせるには、必要な条件がある。

Windowsとの親和性が鍵

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...