2014年10月16日 08時00分 公開
特集/連載

代表的なビジネス向け機能を紹介Apple対抗で無料説も、「Windows 10」は“仕事に役立つ”は本当か

米Microsoftが公開した「Windows 10」のテクニカルプレビュー版には、企業向けの管理機能が数多く搭載されていることが判明した。だが、IT部門がWindows 10への移行を決断するにはまだ情報が不十分だ。

[Diana Hwang,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | Windows 8 | Windows 9


 米Microsoftの「Windows 10」には、IT部門向けの管理機能が数多く導入されている。だが、「Windows 8」がもたらした大混乱により、Windows 10への移行に難色を示すIT担当者がいても不思議ではない。

 Windows 10は現在テクニカルプレビュー版が公開されている。発売は2015年後半になる見込みだ。また、Windows 10では新旧のWindowsユーザーインタフェース(UI)が融合されることが明らかになっている。さらに、企業のモバイル化から手掛かりを得た仕様になっている。具体的には、業務用のデータと個人用のデータを分離する新しいコンテナ化の機能が搭載されている。

ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

マーケターの5割が自分の仕事の自動化に不安――ベーシック調査
マーケターのキャリアに関する調査結果です。

news150.jpg

SNSマーケティング予算は前年比で増加傾向、注力するのは「Instagram」と「Twitter」――ガイアックス調査
ガイアックスの運営するSNSマーケティングメディア「ソーシャルメディアラボ」が150社を...

news129.jpg

新型コロナウイルス感染拡大で米国のEC取引が急増――Adobe Digital Economy Index
Adobeは、「Adobe Analytics」と、オンラインでの商品およびサービスの売り上げを測定す...