2014年10月16日 08時00分 UPDATE
特集/連載

代表的なビジネス向け機能を紹介Apple対抗で無料説も、「Windows 10」は“仕事に役立つ”は本当か

米Microsoftが公開した「Windows 10」のテクニカルプレビュー版には、企業向けの管理機能が数多く搭載されていることが判明した。だが、IT部門がWindows 10への移行を決断するにはまだ情報が不十分だ。

[Diana Hwang,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | Windows 8 | Windows 9


tt_aa_kaigai.jpg

 米Microsoftの「Windows 10」には、IT部門向けの管理機能が数多く導入されている。だが、「Windows 8」がもたらした大混乱により、Windows 10への移行に難色を示すIT担当者がいても不思議ではない。

 Windows 10は現在テクニカルプレビュー版が公開されている。発売は2015年後半になる見込みだ。また、Windows 10では新旧のWindowsユーザーインタフェース(UI)が融合されることが明らかになっている。さらに、企業のモバイル化から手掛かりを得た仕様になっている。具体的には、業務用のデータと個人用のデータを分離する新しいコンテナ化の機能が搭載されている。

ITmedia マーケティング新着記事

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...