2014年10月02日 15時00分 UPDATE
特集/連載

製品版リリースは2015年末か次期OS「Windows 10」は“帰ってきたWindows 7”ではない 注目の新機能とは?

米Microsoftが発表した次期OS「Windows 10」は、現行の「Windows 8.1」に寄せられた不満を解消しようとしている。製品版のリリースは2015年末ごろとなる見通しだ。

[Ed Hardy,TechTarget]
1002_kf_windows10.jpg Windows 10のスタートメニュー

 米Microsoftは9月30日(米国時間)、次期OS「Windows 10」を発表した。現行版「Windows 8.1」に多く寄せられた不満を解消しようとしている。

 Windows 8.1の最大の特徴といえば、タブレットやタッチ対応のPC向けに設計された「Modern UI」である。“ライブタイル”と呼ばれるインタフェースは、アプリケーションの立ち上げなどをタッチ操作で容易に行える。起動したアプリケーションはフルスクリーンで表示される。このモードを利用できるのは、Modern UI向けに開発されたソフトウェアのみとなっている。

デスクトップ/ノートPCユーザーに不評を買ったModern UI

ITmedia マーケティング新着記事

news044.jpg

世界の顧客満足度は下降傾向に――Zendesk調査
Zendeskの「カスタマーエクスペリエンス傾向分析レポート2019年版」より。

news008.jpg

ツイートから見る訪日外国人の高評価観光スポット――東京海上日動火災保険とNTTデータ調査
ソーシャルビッグデータを活用した全国インバウンド観光調査の結果です。

news008.jpg

AmazonがAppleとGoogleを抑えトップブランドに――BrandZ 2019
世界最大級の広告代理店WPPとその調査・コンサルティング業務を担うKantarによる「世界で...