2013年07月16日 08時00分 公開
特集/連載

XP、7ユーザーのための「Windows 8.1入門」Windows 8.1プレビュー版解説(前編)

米Microsoftは、IT管理者がOSの次期アップグレード戦略を検討できるように、「Windows 8.1」のプレビューバージョンの公開を開始した。同社の担当者は「サービスパック感覚でアップグレード可能」と語る。

[Diana Hwang,TechTarget]

 米TechTargetは、米MicrosoftのWindows Commercial担当ゼネラルマネジャー、アーウィン・ヴィッサー氏に話を聞く機会を得た。ヴィッサー氏はコンピュータサイエンスの学位を得て開発者としてキャリアをスタートさせ、現職に至る。今回は、2013年6月末に公表された、Windows 8.1のエンタープライズ向けの機能、Windows 8セキュリティ、そしてOSアップデート周期の短期化に対応するIT専門家の支援方策について話を聞いた。

――「TechEd 2013」の基調講演で明らかになった問題の1つに、バージョンアップサイクルの短期化という新しい計画が挙げられます。企業のIT部門は、バージョンアップの短期化にどのように対応すべきなのでしょうか?

ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...

news032.jpg

Amazonの「ブランド広告力」が調査で判明、GoogleとFacebookを圧倒する理由は?
大手ECサイトの広告媒体としての価値がますます高まっている。リテールメディアへの広告...