2014年10月09日 08時00分 公開
特集/連載

「Windows 10」は“誰からも好かれるOS”に、操作性調査で高まる期待Microsoftが「10」にこだわった理由とは

タッチインタフェースに振り切ったWindows 8/8.1とは打って変わり、マウス&キーボードによるデスクトップの操作性が向上したWindows 10。スタートボタンとModern UIの融合も注目される。

[Michael Wall,TechTarget]
Windows 10のスタート画面

 米Microsoftが「Windows 10」の開発を進めている。

 「10」という数字は間違いではない。Windowsの次期バージョンは「Windows 9」ではなくWindows 10になる。なぜ数字を1つ飛び越すという変則的なネーミングになるのだろうか。伝えられるところによると、この製品にはWindows 10という名前の方が合っているとMicrosoftは考えているようだ。このネーミングは、評価が分かれる従来版から距離を置くためのPR戦略にすぎないかもしれないが、Microsoftが新プラットフォームをどう位置付けているかを示すものでもある。

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。